ハレガケが
大事に
している
こと
01

ハレガケの
由来

ハレ(お祭り)(日常)

結婚式などを
"ハレ"の日や"ハレ"の舞台というように
ハレにはお祭りという意味があります。
そしてケには日常という意味があります。

社名のハレガケという言葉は「"ハレ"が"ケ"」、
つまり「お祭りが日常
になるという意味を込めてつけました。

02

ハレガケの
ミッション

We are Hero Makers

ヒーローになれる"場"を作ることがハレガケのミッションです。
ヒーローとは"自分を100%発揮している人"とハレガケでは定義しています。
自分を100%発揮するとは自分を活かして活躍をするという表現に
言い換えても良いかもしれません。

現在ハレガケでは体感型のゲームを通じて、
参加者自らが頭を体を使い、
物語を動かしていく主人公となる
活躍の舞台を作っています。

そして、更にそれを提供するキャストや
企画する側は
プレイヤーを楽しませる体験を通して
自分の能力を振るう場を得ます。

そんな場を参加者、キャスト、
企画・制作、クライアントなど
様々な立場の人を巻き込んで

"それぞれが自分を
100%発揮する場を作っていく
"のが
ハレガケのミッションです。

03

代表からの
ご挨拶

株式会社ハレガケ

代表取締役 黒田洋介

私は「その他大勢」として扱われることが嫌いでした。

多くのイベントでは、参加者は残念ながらその他大勢の一人として扱われます。
これはできる限り多くの人に楽しんでもらうという上では仕方ない部分も多いのですが、
その他大勢、いわゆるモブキャラのような
いてもいなくても何も変わらない存在として扱われるのは少し寂しい。
できる限り「その人」がいる意味を作りたいと思っていました。

その点、謎解きイベントを始めとする体感型のゲームでは
参加者自身の行動によって結果が決まります。
それは、成功を導くような良い結果だったり、
あるいは自分のせいでチーム全体が失敗するような悪い結果になることもあるでしょう。

ただその結果は参加者自身の行動の結果起こることです。
そこにその参加者がいなければ起きなかった結果です。

今後はより「オーダーメイドの体験」「あなただからこその体験」を作ることを強化し、
もっと面白いイベント、参加者自身の色が出るイベントを作っていきます。
もし、一緒にその体験を作りたいという人がいればぜひご一緒したいですし、
参加者としてこのような体験を味わってみたいという方は
遊びに来ていただけると嬉しいです。

ハレガケでは、
一緒にリアル謎解きゲームを
創るメンバーを募集中!

採用情報はこちら →
ハレガケに
相談してみませんか?

リアル謎解きゲームの
制作に関するご質問や、
コラボレーションのお問い合わせなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら →