ハレガケの
社員
インタビュー
営業パート

代表取締役

黒田洋介

営業担当

大神貴寛

ハレガケの代表取締役 黒田 洋介(くろだ ようすけ)さんと大神 貴寛(おおがみ たかひろ)さんから、顧客対応からプロジェクトマネージャーまでと幅広い領域での仕事が求められるハレガケの営業について、その業務内容や面白さについて詳しくお話を伺いしました。

代表取締役
黒田洋介

ハレガケ代表取締役。「お祭りを日常に」というコンセプトのもとリアル謎解きゲーム制作会社ハレガケを創業。「変わり者の極み」と称され、その独特の感性と理念でハレガケを引っ張っていく。生まれは愛媛県、育ちは埼玉県。

営業担当
大神貴寛

ハレガケ営業担当。趣味は映画、謎解き、ボードゲームなどのエンタメ系を網羅する。最近ではAR、VR分野にも関心が高く、遊びにいった先でも仕事のつながりを作れてしまうという話術の持ち主。生まれは千葉県、育ちは埼玉県。

ハレガケの代表取締役 黒田 洋介(くろだ ようすけ)さんと大神 貴寛(おおがみ たかひろ)さんから、
顧客対応からプロジェクトマネージャーまでと幅広い領域での仕事が求められるハレガケの営業について、
その業務内容や面白さについて詳しくお話を伺いしました。

代表取締役
黒田洋介

ハレガケ代表取締役。「お祭りを日常に」というコンセプトのもとリアル謎解きゲーム制作会社ハレガケを創業。「変わり者の極み」と称され、その独特の感性と理念でハレガケを引っ張っていく。生まれは愛媛県、育ちは埼玉県。

営業担当
大神貴寛

ハレガケ営業担当。趣味は映画、謎解き、ボードゲームなどのエンタメ系を網羅する。最近ではAR、VR分野にも関心が高く、遊びにいった先でも仕事のつながりを作れてしまうという話術の持ち主。生まれは千葉県、育ちは埼玉県。

営業担当は
顧客とハレガケをつなぐ
重要なパイプ役
― 早速ですが、営業職の仕事内容について具体的に教えてください。

大神:営業職の主な仕事は「1.顧客訪問・対応」「2.プロジェクト管理」の2つです。
「1.顧客訪問・対応」では、謎解きをやってみたいというお問い合わせをいただいたお客様の元にご説明へ伺い、『謎解きとは?』から『具体的な企画イメージ』までを伝え、実際にお客様に関心を持っていただけるよう促します。新規開拓も担当しますが、飛び込み営業のような業務は現状ないのでその辺りは安心して働けています。

「2.プロジェクト管理」では、プロジェクトマネージャー(全体責任者)として謎解きイベントが開催まで滞りなく進むよう進捗管理をします。例えば、実施までに必要なポスターなどの広報素材の発注、社内制作ディレクターとのスケジュール調整などです。

― 大神さんご説明ありがとうございます。黒田さんから業務について補足はありますか?

黒田:そうですね。営業メンバーにはお客様へ各種必要な情報をご提供することはもちろん、具体的な案件調整や要望の吸い上げ、そして企画書作成まで任せています。またイベントが円滑に運ぶようハレガケ社内の調整役もお願いしていることから、「お客様とハレガケをつなぐ社内外のパイプ役」といっても過言ではありません。

― 営業職はハレガケにおいて大変重要なポジションであることが、黒田さんのお話からひしひしと伝わってきます。ちなみに、大神さんがハレガケに入社されたきっかけは何でしたか?

大神:きっかけはTwitterで見つけたメンバー募集の投稿です。元々リアル謎解きゲームが好きでハレガケのイベントに参加していたりしてました。転職を検討していたタイミングでメンバー募集のツイートを拝見し、「自分は人と話すのが好きだし、ハレガケの雰囲気なら働けそう。せっかくならこの業界に飛び込んでみよう!」と連絡を取り、現職に至ります。

謎解きを通して
「自分の好き」に関われる
楽しさを体験
― これまでの業務を通して、特に印象に残っている案件はありますか?

大神:入社して初めて担当した、映画「メイズ・ランナー3 最後の迷宮」の試写会とコラボした謎解き案件です。これは新宿の街中を舞台とし、謎解きに成功した人だけが試写会に参加できるという斬新な企画でした。

― 初めての案件で、特に気をつけたことや大変だったことは何でしたか?

大神:限られた期間内での業務ということで、クライアント様との調整には細心の注意を払いました。黒田をはじめ、制作スタッフの助けがあったことで無事公演実施にたどり着けたと思っています。また私自身、映画鑑賞が趣味であるため「謎解きを通して、自分の好きなことに関われる」という印象を受けたことを今でも鮮明に覚えています。

― 黒田さんは、いかがでしょうか?

黒田:どの謎解きと決めるのは正直難しいのですが…、もし1つご紹介するのであればハレガケが初めてアニメとコラボした「PSYCHO-PASS サイコパス」です。ハレガケが設立2年目のときに、初めてコラボしました。約3,000人ぐらいのお客様に楽しんでもらえたことで、「ハレガケもアニメとコラボができる」と強い自信に繋がりました。

「デジタル×アナログの融合」で
これまでよりも
一歩先のリアル謎解きゲームへ
― ハレガケという会社を通して、今後はどのような案件や活動をおこなっていきたいですか?

大神:これまでのハレガケが打ち出してきたスタイルとは異なる、新しいゲームスタイルの確立です。大きいタイトルとのコラボもどんどん進めていければと考えています。個人的にはAR、VR領域にも関心があるため、最新テクノロジーとハレガケが融合できる方法も日々模索しています。

黒田:確かにAR、VR領域は気になるところですよね。私はアナログとデジタルをそれぞれ極めていきたいと考えています。アナログでは人とのコミュニケーションを強化し、デジタルではAR、VRといった最新技術を取り入れたスタイルを構想中です。ゲーム中の自身の行動や選択によって、それぞれの参加者が最後に受ける結果が変わるなど、その人だけが味わえる独自の体験を提供したいと思っています。謎解きという不特定多数を扱うイベントとはいえ、ひとりひとりが主役として輝いてほしいです。

求めるのは
「自分ごととして問題に挑戦し、
その結果を受け止められる人材」
― 今後はどのような人たちと一緒に仕事をしていきたいですか?

大神:新しいことやアイディアに対して、「それありですね!」と言いながらどんどん考えを出しあえる人と一緒に働けたら嬉しいです。

黒田:自分の行動や選択によってその結果が生じていると思える人、チームを慮った行動ができる人と一緒に取り組めればと考えています。困難に直面したときや問題にぶつかったとき、その結果を自分ごととして考えて次に活かせる人には、ぜひハレガケに参加してほしいです。

― 最後にインタビューを読んでいる人たちに一言ずつメッセージをお願いします。

大神:仕事は大変だけど楽しいです。なので、お客様と「謎解きって、楽しいですよね!」と共感できること、そのワクワクした気持ちをモチベーションとして一緒に楽しんでいける人と働けたらと思います。

黒田:ハレガケも謎解き業界も、破竹の勢いで成長しています。そのため、仕事の量も多いです。それは自身の能力が問われる反面、自分の能力を思いっきり発揮したいという人には向いています。ぜひ挑戦してみたい、この業界で自分の可能性を発揮してみたいという方からのご連絡をお待ちしています!

― 黒田さん、大神さんありがとうございました。
エントリーする → ← 採用情報へ戻る
他の
インタビューを
見る
制作パート
制作パート

制作ディレクター

大串佳紀

制作ディレクター

曾根智宏
インタビューを見る →