テーマパークで活用する

動物園や遊園地のアトラクションの1つとして、
謎解きを活用しませんか?

今TVでも話題の謎解き企画で集客をお手伝いします!
動物園や遊園地の新しいアトラクションとして、
閉園後の時間を使ったイベント企画として、
会場に合ったテーマで、ストーリーを制作します。

規模も100人〜1000人以上まで柔軟に対応致します。

謎解きイベント導入効果

テーマパークで謎解きを使うと、
こんな効果があります。

01新しい顧客にアプローチできる!

謎解きの市場規模は2016年現在500万人と言われている注目のマーケットです。

遊園地では新しいアトラクションの一つとして、新しい顧客層を取り込む販促企画のひとつとして非常に有効なアプローチです。

02感動体験を提供できる!

テーマパークを物語の舞台としながら、参加者は、「RPGゲームの魔王を倒す勇者役」「隠された秘密文書を探し出す探偵役」など、それぞれのストーリーの登場人物になって、物語世界を楽しんでもらいます。

その主人公体験が、感動体験となり、インパクトのある良い思い出として持ち帰って頂くことができます。

03既存アトラクションを使って
新企画を提案します!

通常テーマパークの新しいアトラクションとなると大きな投資が必要ですが、謎解きイベントを利用すれば、投資金額を抑えながら既存のアトラクションを使って、全く違う物語の体験を提供できます。

これまでの実績

テーマパークで使った謎解きの実績です。

《具体例1》
閉園後の水族館を貸切に!ミステリアスな夜の水族館での謎解きゲーム

夜の深海水族館からの脱出

■タイトル:夜の深海水族館からの脱出
■開催場所:しながわ水族館
■参加者数:約2000名(2タイトル合計)

■当日の様子
閉園後の夜の水族館を貸切にした謎解きイベント。普段は入館できない夜の水族館で、ミステリアスな空間がワクワクする雰囲気を作り、キャスト参加型で、より臨場感のある物語に参加者を引き込むことに成功。

《具体例2》
夜の閉園後の遊園地(花やしき)を貸切に!謎解きアトラクションの新企画

夜の閉園後の遊園地(花やしき)を貸切に!謎解きアトラクションの新企画

■タイトル:夜のからくり遊園地からの脱出(※同会場で4タイトル実施)
■開催場所:浅草花やしき
■参加者数:合計4230名(4タイトル合計)

■当日の様子
閉園後の遊園地での貸切謎解きイベント。夜の遊園地という非日常の舞台で、花やしきらしい和のテイストを入れたオリジナルストーリーで参加者を熱狂させ、全公演チケット完売。

ページTOPへ