地域活性化で活用する

地域活性化の施策として謎解きを使いませんか?

あなたの街や、商店街にある観光資源を使って、
周遊謎解きを開催しませんか?
街ごとテーマパーク化するご提案を致します。

謎解きイベント導入効果

地域活性化で謎解きを使うと、
こんな効果があります。

01地域の観光施設の魅力を
伝えることができます!

「回遊型の謎解きイベントでは、チェックポイントとして、アプローチしたい観光施設や、名所を設定することで、謎解きを楽しみながら自然と施設の魅力を伝えることができます。

また、謎の手がかりの中にも地域の名産や名所をキーワードとすることで、地域のことを知ってもらうきっかけにもなります。

02物語の登場人物になって、
ストーリー体験を楽しめます!

対象の地域を舞台とした物語設定の中で、参加者は「不思議な町に迷い込んだ冒険者役」「隠された財宝を探しに来たトレジャーハンター役」など、それぞれのストーリーの登場人物になって、 物語世界を楽しんでもらうことができます。

そして、自然とその地域での感動体験と、良い思い出として持ち帰って頂くことができます。

03新しい顧客層を取り込めます!

謎解きの市場規模は2016年現在500万人と言われていて、現在注目のマーケットです。

地域資源と連動したオリジナルの物語設定により、同地域のファミリー層、若者層にアプローチできるだけでなく、他の地域からの集客も見込めます。

これまでの実績

これまで行なった地域活性化での謎解きイベントの実績です。

《具体例1》
大阪城を舞台に、実際の歴史上の武将「真田幸村」を主人公とした企画

大阪城を舞台に、実際の歴史上の武将「真田幸村」を主人公とした企画

■タイトル:大阪城を守れ!
■開催場所:大阪城公園内
■開催期間:2015年10月末~2016年3月末
■参加者数:約4000名

大阪城を舞台に、2016年1月より、NHKの大河ドラマにもなった「真田丸」をストーリーにした、大阪城周遊型の謎解き。参加者は、公演の営業中の好きな時間に参加できる。謎解きを楽しみながらも、歴史を通して、大阪城の魅力を伝えることで、大阪の観光促進に寄与した。

《具体例2》
鹿児島県志布志市の商店街活性化!地域資源を活かした謎解きイベント

鹿児島県志布志市の商店街活性化!地域資源を活かした謎解きイベント

■タイトル:奇妙な街からの脱出〜ししまるを探しだせ!〜
■開催場所:鹿児島県志布志市
■開催期間:2016年1月
■参加者数:500名(1日)

「ナニゆえ?こうなったのには理由がある」(フジテレビ)でも特集され、日本の珍地名として「志」が非常に多いと有名な志布志市の商店街で初のリアル謎解きゲームを開催。

1日で500名の方にご参加頂き、若者やファミリーに関わらず、年代問わず多くの方に参加いただけるイベントとなった。 謎解きをきっかけに、街を巡ることで、新しい街の魅力を知ったり、今まで行ったことのない飲食店に来店するきっかけにもなったようだ。

ページTOPへ