よくあるご質問

地域活性化目的で謎解きイベントを開催した際のおすすめ開催日数は何日ですか?

鹿児島県志布志市で行なわれた謎解きイベント「奇妙な街からの脱出 〜ししまるを探しだせ!〜」の様子

▲鹿児島県志布志市で行なわれた謎解きイベント「奇妙な街からの脱出 〜ししまるを探しだせ!〜」の様子

 

地域活性化のために行なう、謎解きイベントの適切な開催日数ですが、基本的には、下記の2つどちらの開催形式をお選びになるかによって大きく変わります。

 

1.公演型〜休日や大型連休などのような来場者数の多い日、目安1日〜2週間程度となります。

公演型イメージ

こちらは、主に謎解きのストーリーに沿ったオープニングとエンディングがあるタイプです。

オープニングとエンディングの時間が決まっているため、基本的には、謎解きをするのに制限時間が発生します。

このような事から、開催日事前に決めて行うことが多い為、日数としては休日や大型連休に合わせ、目安として約6日前後になる事が多いです。

※その他、1ヶ月間、土日開催など様々な形がございます。

地域活性化の場合は、こちらのタイプをお選びになるケースが多いです。

 

2.周遊型〜1日〜1年以上など長期間開催が可能〜

周遊型受付イメージ

 

周遊型は、謎解きの問題を期間的に常設にしていつでも参加をできる状態になります。

イメージとしては、スタンプラリーのように、お客様ご自身で周っていただく形を想像いただけるとイメージしやすいと思います。

また、こちらは、いつでも参加ができるため、夏休み期間などの長期休暇に合わせて、1日~4ヶ月間の方が多くなります。

 

 

※開催日数につきましては、当社のこれまでの開催事例ページも参考にしてみてください。
謎解きイベント事例紹介

 

 

謎解きイベントでできること

御社のサービスに合わせた謎解きイベントの活用法をご覧ください。

ページTOPへ